雨ときどき自作PC【祝三年】いよいよ激動の四年目に

Y氏:恒例化してきましたが、ブログ三年間おつかれさまでした。そしておめでとうございます。もうすぐで四年目に突入ですね。ナヲト:ありがとうございます。一年経つのは本当に早くてびっくりします。小学生のころの夏休みなんて一生終わらないんじゃないかってくらい長く感じたものなのに。周りに聞いてみても皆、口をそろえて早くなったという。もしかすると、本当に時間が短くなっているんじゃないかって思ったりもしますよ(...

Read More

秋葉原探訪【動画追加】

なんだか日本に台風が接近しているらしい。らしいというのは、最近は天気予報を観ていないからだ。近頃の地上波でニュースを観ていて、天気予報が始まるとチャンネルを変えてしまう。なぜか?明日の天気・気温のみ伝えてくれれば、そうはならないのだけれど、傘が必要かどうかや着ていく服装、そんなものまで指示してくる。「明日は雨が降ったり止んだりとの予報となっています」『じゃあ、折りたたみ傘の出番ですか?』「いや、夕...

Read More

グラボが500度!?原因は意外なところに

まずはご覧いただきたい。RX480をCFXしているのだが、ある日こんな数値が表示された。511度っ?!椅子からひっくり返りそうな温度である。当然のごとくPCはフリーズしてしまい、こうなると強制シャットダウンを行うしか道は残されてはいない。その後、いろいろ試してはみるものの上手くはいかずお手上げ状態。そうこうしている内にPCの電源を入れてもファンは回転するけれど、BIOSまでも移行することが出来なくなってしまった。暗...

Read More

過去のPCを観ていると手直ししたくなるもの

いろいろと動画編集が出来るようになった。ちょっと暇つぶしに、過去の作品も編集することにしてみることにした。凝り性なのかやってみて、しばらくするとあれやこれや自分との戦いへと移行していく。なかなかどうして、これはこれで楽しいものである。過去の作品とは、PCケースにDARK BASE PRO 900を使用している本格水冷のもの。Radeon RX 480をCrossfireしている。Radeon RX Vegaが販売された後になると、電源はCorsair RM650で...

Read More

自作PCの多岐な方向性 歩むべき道はどこだ?

新型の多コアCPUがIntel・AMDとも登場。自作PCブログとしては、そういったところに触れていくのが、セオリーなんだろうけれど、あまり興味が湧かないのが正直な感想。そこまで多目的にPCを使いこなしているわけでもないし、現在において使用しているCore i5 6600K・Ryzen 5 1600であっても、特別に問題はないからだ。それよりも、やはりPCを水冷化するのは楽しいものであるのを再認識。下手をすれば、リークするリスクはあるし、定...

Read More

ハードチューブを使用してRadeon R9 Nanoを水冷化してみた【動画追加】

ハードチューブを使用して水冷を始めてみたいのだけれど、フィッティングってなにを選べば、良いのか分からないということはないだろうか?それには、単純に専用のハードチューブ用継手というものがある。今回はBitspower Matt Black Enhance Multi-Link For OD 12mmを使って解説していこう。これは片側がG 1/4 コネクションフィッティングであって、外径12mmのアクリルパイプに使用することが出来るというもの。ちなみにハードチ...

Read More

今更だけどRadeon R9 nanoを再評価して水冷化を決意

AMD Radeon R9 nano。2015年9月に発売された高速・先進のHBM1メモリを搭載した小型版グラフィックボードだ。カード長は実測で約159mm画像のように、小型ながらもパワフルな性能で、消費電力が大幅に抑えられてるのが特徴になっている。その当時は省スペースでミドル性能以上な所に惹かれ購入。また新たな積層メモリ技術となる「HBM(High Bandwidth Memory)」を採用しており、シェーダープロセッサ数も4000超えの前世代のハイエンド...

Read More

本格水冷は準備段階であってもワクワクするもの

なんの苦労もなく、要所だけをかいつまんで素晴らしいものを作ろうなんて、まず不可能である。ローマは一日にしてならずというように、DIY水冷はそんなに簡単に作れるはずがないのだから。というわけで、いろいろ下準備中。Bitspower Hard Tube 10ミリ用のシリコンチューブって、同じくBitspowerのPETGチューブを使ってるのにも関わらず、なんかだかスカスカ。それが原因でチューブを曲げたときに、シワになりやすいような気がする...

Read More

フロント吸気ラジエーターはファンサンドイッチのほうが良さそう

エアコンで室温を過ごしやすいよう調整して、部屋の温度計は25度を示している。暑くも寒くもなく適温といったところだろう。しかし、本格水冷化したPCの水温は安定しない。負荷を掛けているときには、40度を越えてくることが普通にある。PCケースはDARK BASE PRO 900。フロントのラジエーターはBlack Ice Nemesis 420GTSと薄めのものを使用することによって、外のエアを抵抗を少なくするプランだったのだが、サイドパネルを外して...

Read More

【2017年度版】低予算ゲーミングPC構成【総額10万円を目標】

「PCでFF14をプレイしたくなってきたけど、ダテさんのオススメのPC構成は?」「あと低予算で、見た目もカッコいいので、お願いしますっ!」いきなり無理難題である。聞けば、PS4でプレイしていたのだけれど、もっと良い環境で楽しみたいとのこと。ディスプレイはFHD・60fpsのものを所有しているらしい。恥ずかしながらも、自作PCのブログをやっている身である。答えないわけにもいかない。まずは、PCを組み上げる際に主要なパーツ...

Read More

フロントファンからのエアをケース内部の隅々まで届けたい

機能性だけを追求するのであれば、今回の記事のようなことは、まったく意味がないかも知れない。グラフィックボードの熱対策ってなにしてる?って記事の続きである。サイズを微調整しながら黒色のカーボン柄インテリアシートを貼ってみた。こちらも100円ショップで購入。シートの裏側はシールになっていて、カッターやハサミで簡単に加工することが出来る。PCケースと色合いもマッチングして、最初からそこに設置されていたかのよ...

Read More

グラフィックボード熱対策ってなにしてる?

夏本番だ。各地で気温は日中30度を超え、湿度も高くて寝苦しい熱帯夜がつづく。肉体的にもきついのだけれど、自作PCをこよなく愛する自分は、やはり各パーツの温度のほうも気になるところ。最近は、休みの日に4時間~5時間ほどと、先月末に発売されたFF14 紅蓮のリベレーターを楽しみながらプレイ中である。気がつけばレベルも70に近い。そんな中、あることに気がついた。「シュゴー!」インスタンスダンジョンなど攻略していると...

Read More

なにかを継続している人より、辞めた人のほうが偉そうなのはなぜか?

去年の7月末からポケモンGOをスタートした。その当時は、猫も杓子もポケモン一色であって、外を歩けばやっている人とよくすれ違ったものである。時は流れて――。かなりの数の人は引退したのではないだろうか。理由はいろいろとあるだろう。電池の消費が激しい。単調な作業に飽きた。歩くのが面倒くさい。などなど。”それ”をとやかく否定するつもりはないのだけれど、少し前にこんなことがあった。しばらくぶりに、ポケモンGOをかな...

Read More

【ポケモンGO】初のレイドバトルに参加【聖なる召喚獣】

先日、新しいルールで行われるジムやプレイヤーどうしが協力して挑めるレイドバトルなどが実装された。今回のバージョンアップでは、かなりの変更点があり、ジムに置けるポケモンが6匹に減少、名声やトレーニングシステム廃止などジムの仕様が大きく変更している。新パラメーター「やる気」は配置したポケモンにハート型のゲージで表示。やる気ゲージが現状すると防衛ポケモンのCPが低下していく。やる気がゼロの状態でポケモンがや...

Read More

FF14 RADEON クロスファイア【CFX】ネームプレート バグ回避方法

プレイヤー数は、なかなかの数を誇るであろう国産MMO「ファイナルファンタジーXIV」。ただ、それをRADEONでCFXを構築しながらプレイしている人口ってどれくらいいるのだろうか?ニッチな話である。すぐ身近にいるは知っているけれど。カミングアウトすると、筆者は『光の戦士』なのである。ただ、どこぞのサーバーでネームはこれでというのは、とりあえずは伏せておくことにしよう。あまりプレイヤースキルが高いわけではないから...

Read More