雨ときどき自作PC

自作PC Ryzen 5 1600 RX480 CFX DIY水冷 PCオーディオなど 聖なる召喚獣(ポケモン)をめぐる争いは、新たな世代の物語の始まりでもあった。

気になるPCケース Thermaltake Core P5

前回のブログで告知していた過去記事の改行問題や画像の修正を行った
なかなか骨の折れる作業であったが、スマートフォンからでもレイアウトも含めて綺麗に観れるようになったはずだ
気になる人は、もう一度閲覧してみて欲しい

ところで、グラフィックボードは重みで歪んできたりして悩むことはないだろうか
マザーボードが横向きに設置できるタイプのケースであれば問題はないのだが、魅せるケースとして考えた場合には少し寂しいものがある

実は台湾で開催されたアジア最大のIT見本市「COMPUTEX TAIPEI 2015」のときから気になっていたPCケースがあった

Thermaltake Core P5である
国内でも先月から販売しているものだ


(Thermaltake Facebookより引用)

マザーボードは縦に設置したままで、ライザーカードを使いグラフィックボードも縦に設置可能
従来通りにすることも出来るようだ
まな板ケースの豪華版といったところか
しかし、裏配線も可能であれば電源をも魅せることさえ出来る
自作PCを組み立てた経験があれば、なるほど興味深いケースではないかと思う
構成やら見ているだけで興奮を覚える人も多いのではないか

しかし、サブ機も組み立てたばかり
簡易水冷ではチューブが届かないだろう
本格水冷化に特化したようなケースでもある
ここまで大きなラジエターを装備できるならグラフィックボードも水冷化したくなってくるな
このチューブはアクリルだろうか
なかなか難易度は高そうだ
ホコリ対策も気になるところ

来年の事を言えば鬼が笑うと名台詞もあるが、2016年に時間が出来たらチャレンジしてみるとしよう


応援よろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自作PCランキングへ






    関連記事

    スポンサーリンク

    Comment

    Post Comment


    <FC2 BLOGのHTTPS対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
    非公開コメント

    Trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)