雨ときどき自作PC

自作PC Ryzen 5 1600 RX480 CFX DIY水冷 PCオーディオなど 聖なる召喚獣(ポケモン)をめぐる争いは、新たな世代の物語の始まりでもあった。

本格水冷PC クーラントの色が薄くなってきた

新年あけましておめでとうございます。
本年も、より一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

しばらくぶりになるが、実はブログを更新することが不可能だったのだ。
ブログの画像が年末に突然うまく貼り付けることができなくなってしまった。
原因はいまだに良く分からないが、画像のサイズを調整し、なんとか年始には間に合わせることが出来た。

さて、約半年間にわたって稼働させていた本格水冷化したPCのクーラントが薄くなっていることに気がついた。

以前、リークテストを実施したときに深紅のクーラントは血液のようで不気味な感じと述べたが、そんなことはなくなってしまった。
経年劣化なのか、薄いピンク色になってしまっている。
ちなみに量に変動はほとんどない。

最初はチューブにホコリが付着しているものかと思い、濡れたタオルで軽く拭いてみるも色褪せたものがもとに戻ることはなかった。

チューブを触感で調べてみても以前と変わらずに弾性はある。
フィッティングの緩みはないか?
それも異状は認めない。
継いでCPUの温度計測も実施する。
こちらも異状はない。
クーラントの色だけが、なぜだか薄くなっただけのようである。

ちなみにPC電源を入れれば、ENERMAXのT.B.APOLLISH UCTA12N-Rの眩しい光に灯されて、綺麗な赤みがかった色合いにはなる。

一抹の不安は拭いきれないが、しばらくはこのままの運用で問題はなさそうだ。
しかし、クーラントを交換しなければならない時期がいずれは来るであろう。

楽しみでもあるが、なかなか大変な作業にもなりそうだ。
しかし、ここは2016年の目標が出来たことを素直に喜ぶべきだろうか。
激動の年になることを期待したい。


応援よろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自作PCランキングへ






    関連記事

    スポンサーリンク

    Comment

    Post Comment


    <FC2 BLOGのHTTPS対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
    非公開コメント

    Trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)