Thermaltake Riing 12 256Color LED レビュー

2016/02/20 12:43:13 | 自作PC | コメント:3件

まさかのケースファン購入である。
部屋にはファンが増えつづける罠。

いったい、なにに使うつもりなのか。
メイン機・サブ機ともにファンが足りてないわけではない。
足りないどころか、押し入れの中はファンが山積みになっているのにも、かかわらずにである。
回転数が足りずに冷却不足? そんなこともない。
両機ともすこぶる好調だ。

ファンの道は地獄道。
こだわりだすとキリがないものなのだ。

さて、今回はThermaltake Riing 12 256Color LED 3Packをレビューしていきたい。

PWMの12センチファンである。
3個パックになっているので、パッケージは厚くてズシリと重い。

開封してみると、中にはコントローラーが同梱されており、これに接続して使用するもののようだ。
マザーボードに差し込むほうは通常のPWMの4pinだが、ファン側は特殊な形状の5pinになっている。
とりあえず今回は別電源を使って検証してみることにする。

百聞は一見にしかず。
まずは、ご覧いただきたい。




写真だとパッパッと、色が変わっているようにも見えるが実際は違う。
なだらかに色合いが変化していくのだ。
まるで虹のようである。
美しくもあって、どこか幻想的だ。

さらには気に入った色で固定も出来るし、記憶もしてくれるようだ。
コントローラー側で回転数を低速(800rpm?)にもすることも出来たが、それによってLEDの明るさが変わることはなかった。
実際にマザーボードに指したとしても同じだろう。

フル回転であれば、風量もそれなりで1500rpmにしては静かな部類には入る。
なお、角度を変えたり回転数を下げてみても軸音はしなかった。
だが、このファンの最大の特徴はリング状のLEDであろう。
しかも色合いも変えることが出来るので、いろいろなPCにも対応がしやすそうだ。
最初からこのファンにしておけば、押し入れで眠ることになった山積みのファンはなかったかも知れない。

ところで、これをケースファンとして使用するつもりはないのだ。


「えっ?」


「申し訳ない。言う事が許されないのだよ。」


さて、自作PCを行うにあたり、この構成を考えているときが一番に楽しいときなのかも知れない。
少しづつ準備を進めることにしよう。


追記
動画を貼り付けてみた。
ぜひ、ごらんいただきたい。 応援よろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


自作PCランキングへ

    Thermaltake Riing 12 - 256Color LED 3Pack LEDケースファン FN969 CL-F042-PL12SW-B
    Thermaltake (2015-09-18)
    売り上げランキング: 23,603
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    2016/02/21(日) 07:25:41 | URL | REI #-
    私も、3個セットで購入してましたぁ^^

    しかし、こーいうのを毎回レビューとかするのって、
    すごいですねーーーー><

    私はブロガーに向いてないかもかも・・・><


    ケースファンとして使わない・・・・・
    うな??

    あ、あれかなーーーー??
    (´∀`*)ウフフ

    Re: タイトルなし

    2016/02/21(日) 14:32:30 | URL | 伊達直人 #-
    おっ!やはり持ってましたか
    NoctuaやSwif2には静音&風量は、かなわないかもだけれど
    発色が綺麗であって、なかなか良さそうなファン
    売り切れている店も多いので、ジサカーには人気なのかも
    良かったら自身のブログを更新して、今のPCを画像をアップさせるってのは
    どうだろう?

    自身のブログ・・・・

    2016/03/08(火) 14:24:28 | URL | REI #-
    が・・・がんばりますぅ((+_+))

    4月になったら仕事が落ち着くと思うので・・・・・^^;

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する