雨ときどき自作PC

自作PC Ryzen 5 1600 RX480 CFX DIY水冷 PCオーディオなど 聖なる召喚獣(ポケモン)をめぐる争いは、新たな世代の物語の始まりでもあった。

静音と冷却の両立を目指すため長尾製作所 PCIスロット120mmFANステイを導入

自作PCを始めたころに、大きな勘違いをしていたことがある。


【PCを静音化するためには、ファンの数を少なくしたほうがいいんじゃないかと。】


PCの構成にもよるが、それは逆であって、数多くのファンを回転数を下げて運用したほうが、結果的には静音性を保つことが出来る。
ファンの数が多かれ少なかれ、PCの各パーツの熱をケース外へ排気する必要があるのだから。

仮に100CFMの排気量が必要だとして、120mmファン1つのみだとすると、それは相当な回転数になるはずだ。

では、排気ファンが2つあったならばどうだろう?
1つのファンで風量が50CFMあれば、50+50=100CFMになる。
どちらが静音性に優れているかは、言わずもがな。
限られたファンを高回転で使用するより、多くのファンを低回転で使用した方が、むしろ静音化しやすいというわけだ。

さらに、ファンの口径が大きくなれば、回転数を減らすことも可能である。
200mmのファンであれば、700rpmで100CFMを実現することだって出来る。

しかし、PCケースによって取り付けることの出来るファンの数や口径は制限されてくる。

また、ケースの大きさも加味しなければならないし、ハイエンド構成(SLI・CrossFire)などしているとなると、必要最低限の排気量は増加していく。

そうやって試行錯誤していくと、ケースファンの世界は、なかなか奥が深いものである。


なお、冒頭にPCの構成にもよると述べたのは、例えばCPUは発熱の少ないものを選び、グラフィックボードを積み込んではいない(TDP45W以下の低電圧CPUと内臓GPUのような構成)ようなときには排気量は、それほど必要にならないからだ。
その場合には、少ないファンの構成でも問題はないだろう。
逆に、そのほうが静音性を高められることにはなる。

※持論にはなるが、一般的なミドルケース・PC構成では60CFMくらいあれば、排気量としては足りるのではないだろうか。
吸気ファンとのバランス・ケース内のエアフロー・室温もあるので、単純に数値化するのは難しいところではあるが。



さて、サブ機で使用しているグラフィックボードのRadeon R9 Nanoは、アイドル時にファンの音は聞き取ることさえ困難である。
だが、負荷を掛けていくことで、回転数が2500rpmを越えてくるころには、かなりの騒音へと変貌する。

Corsair Graphite 380Tのときには、フロントに200mmの吸気ファンを使用することで、CPUやマザーボードの冷却は、まったく問題がなかったが、PC内に中継ファンを増設したこともあり、グラフィックボードまでは風が届いていなかったようだ。
長時間にわたり負荷を掛けていると、ファンが2500rpm以上にまで、回転数が上昇していることがあった。


しかも、今回のPCケースはIN WIN 805。
吸気ファン120mm×2。
排気ファンは120mm×1のみの構成。
サイドパネルは強化ガラスで覆われている。
とても冷却面が優れているケースだとは思えない。

そこで、長尾製作所 PCIスロット120mmFANステイを使用することにした。
グラフィックボードの下方から、吸気された空気を少しでも送り込んで、冷却を強化しようという考えだ。

組み立ては簡単。
注意するならば、ファンの向きくらいだろう。
早速、グラフィックボードの下に取り付けてみる。

ファンはCPUクーラーと同じくThermaltake Riing 12 256Color LEDを使うことにした。

ただ、ここでひとつ問題が発生。
ファンの重みに耐えきれずか、先端部に進むほど曲がってしまっているのだ。

そこで、裏のグラフィックボードに差し込んでいる8pinのスリーブケーブルに結束バンドを、ほどよい位置に巻いてステイを固定することにした。

結束バンドに引っ掛けているだけだが、これで安定性が増して直線が保たれるようになった。

計測してみると、結果的には温度はMAX75度。


変化なし。


いや、正確には温度は変わっていないが、グラフィックボードのファンの回転数は2200rpmまで減少している。
かなり静かになった印象だ。

あとは、70度くらいまでに抑えられるようMSI Afterburnerで回転数を調整してみるとしよう。


これから季節は夏に向かって、気温は上昇していく、グラフィックボードの熱対策が必要な場合には、このFANステイは有効なものになるのではないだろうか。


応援よろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


自作PCランキングへ





    長尾製作所 PCIスロット120mmFANステイPRO SS-NPCIFSTY120PRO
    Nagao Seisakujo
    売り上げランキング: 19,239

    関連記事

    スポンサーリンク

    Comment

    point PCIスロット・ファンステー

    私も、それに似たステーをこないだ使いましたっ^^

    母のPCを組んだ時に、なるべく少ないFANで・・・
    といっても、140mm×2・120mm×1ですが^^v

    どーしても、グラボの風抜けが悪い気がしたので、
    箱の中に滞留をつけるためにステーでグラボとM/Oに
    風が当たるように140mmファンを1個追加しました!

    限られた条件下で、より良い結果を出すには、かなり有効だと思いましたよ~^^





    2016/05/09 (Mon) 13:02 | REI #- | URL | 編集 | 返信

    point 訂正

    ✖滞留
    〇対流

    失礼しました^^b

    2016/05/10 (Tue) 20:20 | REI #- | URL | 編集 | 返信

    Post Comment


    <FC2 BLOGのHTTPS対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
    非公開コメント

    Trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)