雨ときどき自作PC

自作PC Ryzen 5 1600 RX480 CFX DIY水冷 PCオーディオなど 聖なる召喚獣(ポケモン)をめぐる争いは、新たな世代の物語の始まりでもあった。

OCはさだめ、さだめは熱

まずはオーバークロック前に現状PCの構成をおさらいしておきましょう
【CPU】Core i7 3770K 3.5GHz
【 CPU Cooler 】Thermalright AXP-200R
【MEM】TEAM LONGDIMM PC3-12800 DDR3 1600MHz 8GB×2
【M/B】ASRock Z77 Extreme6
【VGA】MSI GTX 970 GAMING 4G?笑【Sound】オンボード
【OS】Windows8.1 64Bit
【HDD/SSD】Crucial CT512MX100SSD1
【Case】Corsair Graphite Series 780T
【電源】 Corsair RM1000
なおディスプレイはLGエレクトロニクス FLATRON29EA93-P(2560×1080 29型IPS液晶)を使用してます

ASRock Z77 Extreme6はptimized CPU OC Settingなど充実したオーバークロック機能が用意され、比較的容易に高クロック動作を実現できるそうで、Core i7-3770Kとの組み合わせでOptimized CPU OC Settingに用意されているプリセット「4.0GHz」~「4.8GHz」まで5段階から簡単に選択可能になっています

とりあえず4.4GHzへ簡単にボタンひとつで設定終了してOCCTで観てみると…

オーバークロック出来てますね♪
気になる温度はエアコン24度に設定した室内でOCCTを約10分間回してみました

Core温度が瞬間70度になることもありましたが、これなら常用しても問題なさそう

Thermalright AXP200Rはトップフローでありながらも、かなり冷却能力は高いみたいです
取り付けが容易だったのでグリスがうまく満遍なく行き渡ったからかも知れません…(´・ω・`)

オーバークロック前は13000後半だったので気持ちベンチスコアは上がったかな程度で体感はあまり変わりません 笑
注:オーバークロックなどメーカーや代理店の保証対象外となる行為です
あくまで自己責任で使用して下さい
では、また(^o^)



自作PCランキングへ



    関連記事

    スポンサーリンク

    Comment

    Post Comment


    <FC2 BLOGのHTTPS対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
    非公開コメント

    Trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)