海賊船の旗が立つとき

2015/02/27 11:10:00 | 自作PC | コメント:0件

昔は、いわゆる窒息ケースでPCパーツを負荷時に冷やしきれなくてブルースクリーンやらシャットダウンを稀によくしていたんで…その経験則から、今はオーバークロックしながら常用してることもあって、冷やせるとこは冷やしてみたくなる訳です…そんなこんなで、1ヶ月くらい前から予約注文していたCORSAIR コルセア フラッグシップ メモリクーラーDOMINATOR Airflow PLATINUM CMDAFが、やっとこさ到着しました(´・ω・`)

なんと!メモリクーラーですw
なぜAXP200Rをメモリ側に覆い被さるようにしなかったのか…実は、これを取り付けようと画策していたからだったんですね~棒
まず土台を8箇所ネジ止めするんですが、小さなプラスドライバーじゃないとネジが止められませんでした(^-^;

Corsairのエンブレムがなかなか良い感じです
サイドフローのクーラーだと物理的干渉して取り付け出来なかったりエアフローが妨げられたりってのがありそうですが、トップフローのAXP200Rとはエアフローも関係なく、干渉問題も定規で計測済なので問題ないはず… 取り付けは非常に簡単
メモリモジュールの固定ラッチに引っかけるだけ、引っ張ってもしっかり固定されていて外れないしグラつくこともなし
配線はASRock Z77 Extreme6のマザーボードにはCPU×2 ファンコネクタ (1 x 4ピン 1 x 3ピン)がすぐ隣にあるので、4ピンを差し込み約10分で取り付け終了

ジャーン!
やっぱり計算通り綺麗に入りました 笑Corsair Linkにより最大約1680万色のLEDカラーカスタマイズに対応なんだそうですが…Corsair Commander Miniへ接続すれば出来るのかな?
まあ、非接続時はファンのLEDは赤色になるんで、このままでも良いんですけどねえ♪ 通常点灯、順次点灯、任意の温度に連動点灯させるモードってのもあるみたいで気にはなりますが…
部屋を暗くすると、こんな感じ♪

ここまでメモリの冷却してどうすんだって声も聞こえてきそうですが、熱を持つより冷却出来ていたほうが良いはずですし…あとはメモリがデザイン的にあれなんで、いっそのこと隠したほうがいいだろうということで付けてみました
あと、小さなファンの音(1000rpm)も気にならない程度でしたし、エアフローが乱れてのCPUの温度上昇もありませんでした
どちらかというと気持ち下がってる!?( ̄□ ̄;)

あっ!ちなみに、このメモリクーラーは本格水冷化するためのフラグでは決してありませんので…あしからず 笑



自作PCランキングへ





    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する