FF14 RADEON クロスファイア【CFX】ネームプレート バグ回避方法

2017/06/22 14:39:03 | 自作PC | コメント:0件

プレイヤー数は、なかなかの数を誇るであろう国産MMO「ファイナルファンタジーXIV」。
ただ、それをRADEONでCFXを構築しながらプレイしている人口ってどれくらいいるのだろうか?

ニッチな話である。

すぐ身近にいるは知っているけれど。
カミングアウトすると、筆者は『光の戦士』なのである。

ただ、どこぞのサーバーでネームはこれでというのは、とりあえずは伏せておくことにしよう。
あまりプレイヤースキルが高いわけではないからだ。
ギミックの処理や対応力はそこそこ。
装備品もそこそこ。
新生14の初期からプレイしてはいるものの、最低限のことは行えるだけのヌルゲーマー。

その程度なのに、ストーリーを進めていくとNPCから『英雄』なんて言われてしまうと、恥ずかしくって赤面してしまう。
と、同時にこんなことも思う。

「ところで、お前は誰?」

Crossfireでのプレイ中は、キャラクターのネームプレートが化ける表示のバグがあるのだ。

自身・プレイヤー・NPC問わずフィールド上のキャラクター名がおかしい。
木人になることもあれば、オブジェクトの名称に変化してしまっていることもある。
必ずバグるというものでもなく、稀に起きる厄介者。

そこで、今回はファイナルファンタジーXIV 紅蓮のリベレーターが発売されたこともあるので、CFXのネームバグ回避の設定方法の紹介をしたい。


設定方法は以下の通り。

RADEON SETTINGSを起動。
ゲームのタブをクリック。
グローバルを選択。
AMD CrossFireをオン。
プロファイル一覧に戻る。
【追加】から【参照】を選択。
FFXIVをインストールしたフォルダへ移動。
gameフォルダをダブルクリック。
ffxiv_dx11.exeを選択して開くをクリック。
追加されたプロファイル「FINAL FANTASY XIV」をクリック。

AMD Crossfireを選択。

そして、Crossfireモードの既定プロファイルをCivilizationBE_DX11.exeにする。


この設定で、早速に紅蓮のリベレーターをプレイしてみたが、今のところ不具合はない。

このように、SLIやCrossfireは動作が不安定になるトラブルが発生するケースも考えられる。
発熱の問題も考慮しなければならないし、パソコンが度々フリーズしてしまう等の動作が不安定になる場合もある。

昨今マルチGPUの敷居が(RX 480二枚で電源は650Wにて運用中)低くなったとも言われるけれど、こういったこともあると認識しておいても良いのではないだろうか。


さて、旅の準備は整った。
のんびりと、ひんがしの国でも目指すことにしようか。


応援よろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


自作PCランキングへ




    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する