雨ときどき自作PC

自作PC Ryzen 5 1600 RX480 CFX DIY水冷 PCオーディオなど 聖なる召喚獣(ポケモン)をめぐる争いは、新たな世代の物語の始まりでもあった。

風の吹くまま気の向くまま FST-MAG-Cファンステイ

春寒も緩み始め、一雨ごとに暖かさが増して来るこの頃です
と、いうことはPCの温度も気になる季節になってきますよねー
PCパーツで一番の熱源と言えば、やはりグラフィックボードでしょう
グラフィックボード単体なら熱にも強くて気にすることはないのかも知れませんが、他のパーツへの影響はありそうです
ところで、今のケースは簡単に開閉可能なラッチ式サイドパネルを備えたGraphite Series 780Tなので、メンテナンスは楽チンになりましたねえ(´・ω・`)

このラッチを手前に引くだけで簡単に外れます

ラッチの裏側です
バネの強度もあってカチッと、しっかりサイドパネルが装着出来ます
このケースをネットで購入するときに一番気になったのが、このラッチの耐久性だったんですが…一度、店頭に並んでいる実機を触って確認しようかと悩んだくらい…でしたが、今は、なんども開け閉めしてますがヘタッてくることもなく気に入ってます(^-^)

さて、今回はAINEX FST-MAG-Bファンステイ マグネットタイプを使ってフルタワーゆえに奥まで風を送り込めてない感じなので、冒頭で出たグラフィックボードの冷却も兼ねて中継ファンを設置してみました
ケースによっては3.5インチベイにネジ穴が付いていてファンが増設できるものもありますが…780Tにはありませんので、このファンステイを使ってみます

2本セットで14センチのファンまで対応との事で(20センチファンを装着出来たとネットには出てました)今回はCORSAIR CO-9050017-RLED AF140-RQE LED 14センチファンを使います
早速、ファンをステイに取り付けました

4ヵ所をビス止めして終了です
なかなか剛性もあり良い感じ♪表面はザラザラした感触、マグネットもかなり強めのものになるんで、ケース上段にある5インチベイから吊り下げるように設置しようかと思いましたが、PC使用中にファンの落下を恐怖するヘタレなんで…(^-^;
安全性を求めて3.5インチベイの上に取り付けます

取り外すのに苦労した3.5インチベイですw
あの死闘を思い出すと苦虫を噛み潰したような顔になります 笑
なんだあ、結局は3.5インチベイを使うんなら最初から取り外さなければ良かったんじゃない?
ハイ!いつも回り道してます 笑
そうやって自作の腕が上がるから良いんだと自分に言い聞かせて納得していますが…トホホ(^-^;

さて、設置してみましたが、高さも丁度良い感じです

設置するにあたり、ボトムのファンを外さないと3.5インチベイは付けられずフロント側のボトムファンを外します
吸気不足にならないようBIOSで、1つになってしまったボトムファンは1300rpmまで回転数引き上げておきます
このステイはマグネットでしっかり固定され指で押したりしても動いたりしません

フロントファンから吸気されたフレッシュエアーをそのまま内部に拡散させてる感じで、グラフィックボードにもきちんと風が当たります♪フロントのファンと同一なものを使用してますが、手をかざしてみると、やはりメッシュ越しのものとは風量が同一回転数でもまったく違って、ケース奥まで風を送り込んでいるのが分かります

グラフィックボードの温度は負荷を掛けても60度いかないくらいに安定
ファン設置前より5度くらい下がりました
あとグラフィックボード上部に積もることのある塵&ホコリも見事に吹き飛ばす相乗効果もあり満足w
ちなみにCPU温度は変わらず…トップフローでは、恩恵はあまり受けられなかったようです…サイドフローなら結果は違ったかも知れませんが…(^-^;

しかし…3.5インチベイに磁石を使用したことでHDDを積むときは場所がないな 笑



自作PCランキングへ




    AINEX ファンステイ マグネットタイプ FST-MAG-C
    AINEX (2015-05-29)
    売り上げランキング: 9,755

    関連記事

    スポンサーリンク

    Comment

    Post Comment


    <FC2 BLOGのHTTPS対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
    非公開コメント

    Trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)