DIY水冷PC 次期作成計画始動 PCケース編

2018/01/14 12:26:23 | 自作PC | コメント:0件

創作意欲がふつふつと湧いてきた。
ハードチューブを使用した水冷化は、かなり骨の折れる作業。
何度繰り返しても、その微妙なニュアンスが伝わるかどうか自信がないのだが、まるで闇で得体の知れぬものが首筋を撫でるような感覚。
なにより精神的に堪えるもの。
だが、時間経過とともに、そんな傷は癒やされ、さらに違った方向性を目指してみたくなってきたのである。

まず前回は、非常に簡易化されたものだけれど、電源隠しも作成した。

ところが、最近のPCケースはPSU Shroud Coverが、初期から搭載されているものが多い。
そういったところから、個性的なPCを自作したいとなると選択肢は限られてきてしまう。
さらにサイドパネルは、強化ガラスのほうが良いとか、ラジエターはこのサイズを搭載したいとか、静音性やエアフロー、サイズなど考慮したりしていくとなかなか選ぶのに難儀するもの。


すべてを併せ持つものは正直ない。


だが、それだと計画はあっさりと頓挫してしまう。
いろいろと検討した結果、候補としては――。


Thermaltake VIEW 31 TG ミドルタワーPCケース CS6813 CA-1H8-00M1WN-00
Thermaltake (2017-05-03)
売り上げランキング: 3,427

※Thermaltake VIWE 71 TGを所有しているので見た目が被ってしまう?価格は9,000円ほどなので、浮いた資金をMOD費用に当てることが出来そう。



※ファンコントローラーとLEDコントローラーを標準で搭載していることを考慮すると、20,000円越えても高くはないかも?非常に綺麗で完成されてる感。グラフィックボードの縦設置には未対応。


Cooler Master MasterCase H500P ミドルタワー型PCケース CS7066 MCM-H500P-MGNN-S00
Coolermaster (2018-01-12)
売り上げランキング: 23,822

※迫力の前面ファン200mm×2。これであれば吸気不足になることはないのではないか?ただ、200mmファンは数も少なくファン交換は難しいかも。外装が、もう少しシンプルなら即決していたかも知れないケース。価格25,000円ほど。


書きながら本気で迷っている(笑)。
本来はPCケースを選択してから、構成を考えていくのがセオリーなのかも知れない。
だが、イメージは頭の中で整ってはいる。
先行して水冷パーツは、とりあえずAliexpressで注文した。
送料の一番安いChina postにしたので、届くまで日数は掛かるかも知れないが、慌てているわけでもないし、気長に待つことにしよう。


応援よろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


自作PCランキングへ




    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する