バッカスの守護を受けし地にて

2015/04/11 10:29:00 | 自作PC | コメント:0件

都内某所…迷宮、ダンジョンなどと比喩される初見殺しの駅だ
夕方の駅は混雑していたが
不思議にほっとする気分になる
幼少の頃から慣れ親しんだ土地だからだろうか
前に来たときもこんな天気だった
どんよりと曇ってはいるが、春らしからぬ冷たい風が微かに電線を揺らす
街道から少し入るだけで道は意外なほど静かで、駅前で待ち合わせしていたMと開店前の、とあるいつもの居酒屋に到着である

Mとは十数年くらいの付き合いだろうか
最近は、月に2度くらい政治・経済・時事・哲学・オカルト・PC等を飲みながら語る仲だ
以前にブログで書いたGPU-Z ASIC Qualityを教えてくれたのも彼である
ただ、彼いわく私は友人ではないらしい…笑

しばらく飲み交わしながら、PC関係の話をしているときに突然に不意打ちを食らう
私「ブログ観ました?」
M「観たよ」
私「えっ…」
慌てて冷静さを装う
私「どうでした?」
M「スピーカーとかネジ止めだけじゃん」M「情景を説明しているだけ」
M「文章力はセンスだから…」
私「ウボァーw」
なかなか手厳しい

たしかに最近はブログの方向性が見えなくなってきている
閲覧件数も減っている
が、観てくれている人がこうやっていてくれるんだと分かると少しだけ嬉しくもあった

そして、終電近くまで飲み語らい
混雑する駅の改札の前で僕らは別れた
じゃあここで、とMが背を向けると、その姿はすぐに雑踏へ溶けて見えなくなった



自作PCランキングへ




    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する