雨ときどき自作PC

自作PC Ryzen 5 1600 RX480 CFX DIY水冷 PCオーディオなど 聖なる召喚獣(ポケモン)をめぐる争いは、新たな世代の物語の始まりでもあった。

audio-technica インシュレーター AT6099

インシュレーターって本当に意味があるものなのか?オーディオ素人の素朴な疑問です
インシュレーターとは簡単に説明すると、スピーカーから生じる振動を吸収を目的としたもの、振動を速やかに逃すのを目的としたものなどあるそうで
今回は比較的安価なインシュレーターで検証&実験してみようかと…結果は如何に 

いろいろ調べてCPが良いとのことなのでaudio-technica AT6099にしてみました
6個セットで持つとズシリと重みがあります
最悪、音に変化がなくともスピーカーの下に設置すれば、見た目もカッコ良くなりそうですし…
取り出してみると、こんな感じ

裏面にはスポンジのように柔らかいイボイボが付いてます

紙製のスペーサーが同梱されていて、接地面との間に挟んでスピーカーを上に載せます
6個入りなんで前方に2個、後方に1個の3点支持で設置
少しズレるとバランスが崩れるので、慎重に置場所を決めていきます

なかなか高級感があります
こいつ少しはオーディオをかじっているなって感じには見えてきたかな? 笑

さあ、音を聴いてみましょう
正直言うと、こんなものスピーカーの下に挟むだけで、そんなに効果がないのを期待していました
こだわったところで所詮はオカルト&プラシーボ効果くらいのものだと感じれば、もう散財しなくて済むんじゃあないかと…


見事に裏切られました( ̄□ ̄;)!!

低音の余計なボワボワした響きが抑えられ、高音の透明度が上がりクリアな音
オーディオ素人のわたしでも、素直に体感出来るくらいは違う
こんなに簡単に音が変わるなんて…

ZENSOR1&真空管アンプTA-Q7を導入してから、どれだけ音質が変わってるのか言葉で伝えるのは難しいんですが、聞きなれた音楽を聴いていても新たな発見がある感じです

果てしないオーディオの世界
どこで妥協できるか…
自分との戦いが今、幕を明ける


自作PCランキングへ




    audio-technica ハイブリツドインシュレーター 6個1組 AT6099
    オーディオテクニカ
    売り上げランキング: 2,556

    関連記事

    スポンサーリンク

    Comment

    Post Comment


    <FC2 BLOGのHTTPS対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
    非公開コメント

    Trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)