本格水冷試行錯誤編

2015/07/05 17:28:42 | 自作PC | コメント:0件

ぎゃああああー!

いきなり絶叫からスタート 笑

チューブを垂直に切らなければならないことは前の記事で触れた
しばらくして、チューブカッターを安全性の面からも購入に踏みきった訳だが…

チューブの口径が太すぎて入らない
これは痛恨のミスか
グイグイ引っ張っても、もうこれ以上カッターは開かない
かと言って、このままチューブを押し込むと断面が曲がって切れてしまいそうだ

考えろっ!
考えるんだっ!

…待てよっ?
チューブには弾力性があるんだから、少し凹ましてから挿入し、それから刃を入れればいいんじゃないか?

試しにそうしてみると…
おいィ?あっさり綺麗にカット出来た

しかし、こんなに悩ませるとは…
本格水冷…恐るべし…笑

ちなみにチューブには一般的なもので、ID3/8 OD1/2やID1/2 OD3/4などの表記で、順に内径と外径を表しており
無論、フィッティングもそれに合ったものが必要になってくる
今回は水冷キットを購入したので、チューブやフィッティングの口径を間違えることはなかったが、通販で購入の際には注意が必要だろう

なお、Pacific RL240に付属のチューブはID1/2 OD3/4と太めのものとなる
今回は、このチューブカッターを使用したが、太めチューブにも対応したもののほうが良いかも知れない

なにはともあれ、これで綺麗に垂直にチューブを切ることが出来るようになった
次はPCケースに収納した場合の水路を考察し、それに合わせてメジャーで計測しながら、これくらいだろうと少し長めに余裕を持ってチューブを切っていく
ギリギリの長さだと足りなかったときに悶絶しそうなので 笑

ラジエターからリザーバーまで30センチ
リザーバーからCPUの水枕まで50センチ
CPUの水枕からラジエターまでを40センチとした

そのチューブと精製水を使って、各パーツと仮組して部屋の角で水漏れしないかテストみることにする
いきなりラジエターのフィッティングが緩んでいて、精製水がドボドボ漏れだして少し慌てたが…
一瞬の油断が命取り
良い経験になった

そのあとは2~3時間試しみても水漏れはない

これならいけそうだっ!


次回ついにCORSAIR Graphite Series 780Tへと取り付けを敢行する

応援よろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自作PCランキングへ




    ピスコ(PISCO) チュ-ブカッター TC-21
    新潟精機 (2012-08-10)
    売り上げランキング: 8,879



    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する