雨ときどき自作PC

自作PC Ryzen 5 1600 RX480 CFX DIY水冷 PCオーディオなど 聖なる召喚獣(ポケモン)をめぐる争いは、新たな世代の物語の始まりでもあった。

本格水冷緊急事態発生か?!

本格水冷を始めてから日課が出来た
それはリザーバーの水位を確認してからPCの電源を入れるということである

そんなに手間が掛かるものではないがクーラントが、仮に微量でも漏れだしていたら水位は下がっているはず
安全面を考慮した、ある種の儀式化されたものだ
今回は仕事の関係で24時間以上PCを使っていなかったが、特に水位に変化は認められない

カチッ

息を吐いたら、今度は吸うくらい当たり前のように電源を入れる

シュワワワ…カリカリ…シュゴワワワ…!

おいィ?

ウソだろ…
エア抜きは終わったはずだろ!?

しかし、ものすごい数の気泡がラジエターの中に放出されて踊り狂っている
クーラントは落ち着いた深紅から白く濁ってきた

小学生のときに石灰水を使い二酸化炭素と反応させて、白く濁るという理科の実験をしたことを走馬灯のように思い出す

しかし、ものすごい泡の量だ
さらに例えていうなら、炭酸水を激しくシェイクしてから蓋を開けたような感じか

これは緊急停止するしかないか?
電源スイッチを入れた手は小刻みに震えながら硬直し、そのままのポジションにある
最悪の事態を想定しているからだ

慌ててリザーバーに目を送ってみる
異状はない

すぐさま各フィッティングを目で確認
異状はない

CPUの水枕からグラフィックボードの上に漏れるのが一番ヤバそうだ
ショートしたら堪らない
グラフィックボードの上に目線を変える
異状はない

シュワワ…シュワ…カッ…カッ…

しばらくすると、段々と音も落ち着いてきた

楽しい時間はすぐに過ぎ去るものだが、苦痛に満ちた時間は長く感じるものだ
気がつくとケースファンの音が微かにするだけの、いつもの静寂に部屋は包まれていた
安堵の息が漏れる

事なきを得たか…

しかし、原因がわからない
水冷化してから24時間以上放置していたことは今までなかった
それで何が変わる?
時間を経て内部の空気が移動し放出されたのか?
それとも真夏の部屋の温度上昇か?
24時間、誰もいなかった部屋はかなりの温度になっていたかも知れない
ラジエター部に密かに貯まっていたのか?
いろいろ可能性を模索するが答えは出てこない
ネットで検索してみても同じような症状の話はなかった

落ち着いたところで温度を見てみる
アイドル時の温度にも問題はない

さすがは本格水冷といったところか
CPUも冷えるが自分自身も恐怖で涼しくなった

今夜は熱帯夜であったとしても、ぐっすり寝れそうだ 笑


応援よろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自作PCランキングへ






    関連記事

    スポンサーリンク

    Comment

    Post Comment


    <FC2 BLOGのHTTPS対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
    非公開コメント

    Trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)