雨ときどき自作PC

自作PC Ryzen 5 1600 RX480 CFX DIY水冷 PCオーディオなど 聖なる召喚獣(ポケモン)をめぐる争いは、新たな世代の物語の始まりでもあった。

サブ機の製作を計画中

本格水冷を始めてから約1ヶ月が経過した
サイドパネルを開けてフィッティングの緩みやチューブを確認していく
異状はない
気持ちリザーバーの水位が下がったかな
その程度のことだけで問題なく部屋の隅で3770k@4.5Ghzにて稼働中だ

半年間くらい経過したときには状況によってはクーラント交換も必要かも知れないし、時間的にも余裕があればグラフィックボードの水冷化も視野に入れたい

が、そのメンテナンス中にしばらくPCが使えなくなるのが痛い
現在、使用出来るPCは本格水冷のこのPCのみだ
空冷のクーラーに交換するだけなら、どんなに時間を掛けても2時間程度だろう
しかし本格水冷の場合は違う
リークテストも含めると膨大な時間が掛かる
かといって、慌てて取り付けようとするのは愚の骨頂である
本格水冷は良く冷える反面、リスクも同居するのは周知の事実

そこでサブ機を検討してみる
タイミング的にはWindows10やらDDR4など今後に向けてサブ機の製作にも良さそうな時期だ
きのう8月5日にはSkylakeも発売された


プロセス繊細化が進めば定格5Gの時代も来る
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました


が…今のところ評判があまり良くない
OCCTを2分あまりで90度?!

プッシュピンがひとつ外れているか、クーラーの接地面についているフィルムを剥がし忘れたのを疑うレベルの熱

ところがどっこい・・・
夢じゃありません・・・!
現実です・・・!
これが現実・・・!

まだ情報が錯綜しているので、なんとも言えないが…
しかも、Z170マザー&DDR4メモリと含めると約100,000円くらいにはなる

前回ブログで、値段や様子を見てからCore i7 5820Kにいくのも悪くないかも知れない
と言ったばかりだが…値段的にあまり変わらないなら、それもまたありか
いや、これではメイン機を越えてしまう 笑

サブ機だから5775Cでグラフィックボードを積まずに小型の静音PCを狙うのも面白いかも知れない
しかし今後を考えるとDDR3のメモリを今から購入するのもな…
悩みは尽きないが、こうやって構成を考えるのも自作PCの楽しみの1つだろう

しかし、まさかの展開だ
ちなみに気になったので調べてみた
4790kは2015年8月6日に価格.comでは約500円値上がりしていたwww


応援よろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自作PCランキングへ






    Intel CPU Core i7-5775C 3.30GHz 6Mキャッシュ LGA1150 BX80658I75775C 【BOX】
    インテル (2015-06-18)
    売り上げランキング: 3,847

    i7-4790K(Devil's Canyon 4.00GHz) LGA1150
    インテル (2014-06-26)
    売り上げランキング: 703

    関連記事

    スポンサーリンク

    Comment

    Post Comment


    <FC2 BLOGのHTTPS対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
    非公開コメント

    Trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)