サブ機のパーツが揃いつつ

2015/09/16 11:48:53 | 自作PC | コメント:0件

サブ機の構成をどうしょうか?
悩みは尽きない

どうしても気になっているのがメモリ問題である
手元にDDR3のメモリがあるならば、流用してサブ機を作ることも視野にも入ってくるだろう
だが、手元にはメイン機で16Gを使っている以外に所持はしていない
さすがにDDR3のメモリを今から購入することには抵抗がある

DDR4の価格も手が出しやすくはなってきた

よしっ!DDR4でいこう!

こうなると選択肢が限られてくるので、進むべき道がぼんやりと見えてきた

メモリがDDR4となれば、マザーボードはLGA1151かLGA2011-v3しかない
しかも、今回はケースが決まっている
まあ、X99でMini-ITXはないから…念のため調べみてみるか…

あっ!あった…

ASRock X99E-ITX/ac
インテルの「X99 チップセット」を搭載しながら、Mini-ITX規格に対応するマザーボード
ソケットには「LGA2011-v3」を採用CPUソケットの固定具は「Narrow ILM」となるため、対応するCPUクーラーと水冷クーラー固定用のプレートが付属する

Narrow ILM?
聞いたことない単語が出てきた

一般的な(Standard-ILM)ソケットとクーラー用ネジ穴の位置を変えることでコンパクトになっているもの
しかし、Narrow-ILMはネジ穴が違うので一般的なクーラーが付かない
マザーボードに対応クーラーを付属しているのはその影響もあってのことなんだそうで…

ん~
面白そうな気もするけど、CPUクーラーで頭を悩ませることになりそうだ


などなど試行錯誤したのち下画像のパーツが揃うことになる
このブログを閲覧してくださる皆さんなら画像を見ただけで、妄想しワクワクしてくるはず 笑

さて、なぜこういうパーツを揃えることなったのかの経緯も説明したいし
今回は自作PC初心者でも分かりやすいように画像付きで、ゆっくり組み立てていこうと思う

M.2 SSDなど自分自身も初めてな規格のものもあるんで、なかなか楽しめそうだ


応援よろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自作PCランキングへ




    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する