Core i5 6600Kをサブ機へ

2015/09/18 12:39:01 | 自作PC | コメント:0件

たとえば一台しかないPCが故障したとする
すぐにPCが必要だとすれば、価格を気にせずに各パーツを揃えるしか選択肢は残されていない

しかし、今回はメイン機が稼働しているので慌てる必要性はまったくない
PCで値段を閲覧しながら、じっくり選べる余裕がある訳だ

どんどん値下がりしていくもの、変わらないもの、値上がりしたもの
そんな中で、かなり価格が下がっているものを発見する

Core i5 6600Kである

当初35000円くらいしていたが、30000円割れ近くまで値を下げて来ている
目標はCore i5 4690Kの値段になると勝手な妄想
4690Kは29500円…

そろそろ底値ぽくね?

3770Kも4790Kも発売され一ヶ月後あたりに底値を付けてからジワジワ上がりだした過去を思い出す
当時とは相場環境も違うので一概には言えないが、なにか思い込まないと下げ相場ではなかなか購入には踏み切れないものだ

さらには、「ゲームやるならCore i5で充分」との名台詞があるが、考えてみると自分のPCを使用している環境で一番に処理が重いのがゲームなのかも知れないと、ふと思う
あまりハイパースレッディングの恩恵も受けてはいないかも知れない
返す刀で、将来的なことも考えるとCore i7のほうが良いんじゃないの?という意見もあるだろう

だが、それは愚問だ
足りないと感じれば、あとでCPUを替えることだって可能である
それが自作PCが出来るメリットでもあろう

前置きが長くなったが…
6700Kになんでしなかったの?



敢えて言おう、高すぎると!笑



Core i5 4690Kはレビューで人気だったが、6600Kは殆ど情報がない
Mini-itxの環境でOC出来るのか疑問符も付くが、少し試してみたいところではある

次回はCPUをマザーボードに取り付けていくことにしよう


応援よろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自作PCランキングへ





    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する