雨ときどき自作PC

自作PC Ryzen 5 1600 RX480 CFX DIY水冷 PCオーディオなど 聖なる召喚獣(ポケモン)をめぐる争いは、新たな世代の物語の始まりでもあった。

PCI Express M.2 SSDを取り付けてみよう

Z170のマザーボードにしたら、まず試してみたいと思っていたものがあった

PCI Express M.2 SSDである

HyperX Predator PCIe SSD SHPM2280P2/240Gを、今回はマザーボードに取り付けてみたいと思う

しかし、すぐに頭を抱えることになった
どこを探してもM.2スロットが見当たらないのである

おっ!こんなところにっ!

深淵に転落してしまいそうなぎりぎりの危うい場所…裏面にそれはあった

トリノの聖ヨハネ大聖堂に保管されている聖骸布のように慎重に取り扱う
ASRock Mini-ITX Z170 Gaming-ITX/acの箱の中に固定用の小さなネジはこっそり入っており、それを使用する

配線要らずで簡単に取り付け終了
Mini-itxのケースでエアフローを考えた場合にはメリットであろう
しかし、かなりの熱を持つと、風の便りに聞いたことがある
Corsair Graphite 380Tは電源の真上にマザーボードを設置するようになっており、電源とマザーボードに挟まれるようになるのが気にはなるところだ

あとMini-itxのマザーボードは今まで使ったことがなかったが、CPUクーラーのバックプレート干渉には注意が必要となる
バックプレートを取り付けようとすると小型化して詰め込んでいる為だろう
干渉しそうな箇所がいくつか垣間見える
無理をしてショートしては堪らない

AXP-200Rはマザーボード裏面の実装パーツなどによりバックプレートが利用できない場合、樹脂ワッシャーとネジのみでの固定も可能である

試してみるか

白いリングが樹脂ワッシャーだ
これで干渉することはなくなった

強度面に少し不安も残るが、380Tはマザーボードを横に設置するタイプのケースである
こちらは問題はないだろう


応援よろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自作PCランキングへ






    関連記事

    スポンサーリンク

    Comment

    Post Comment


    <FC2 BLOGのHTTPS対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
    非公開コメント

    Trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)