SAPPHIRE R9 NANO 4Gをサブ機へ

2015/10/15 09:45:52 | 自作PC | コメント:0件

ついにサブ機が完成の日を迎えた

サブ機ということで、自分のPCの使用する環境を考慮し、削れるとこは削り予算は抑えるつもりだった

「だった」というのには訳がある
グラフィックボードに以前にブログで書いたRadeon R9 Nanoを選択してしまったからだ

ちなみに自作を始めてからRadeonは使ったことがない
NVIDIAのグラフィックボードを特に不満もなく、ずっと使い続けてきたが、なぜ今回はRadeonにしたのか?
Geforce GTX 970の3.5GB VRAM問題が、どうしても引っ掛かるからだ

もうかれこれ一年以上使用しているが、これといって問題ない
性能的にコストパフォーマンスも優れていて非常に良いグラフィックボードだとは思う
3.5GB VRAM問題が表沙汰になって、それを理解した上で購入したのなら不平・不満はなかったはず
しかし、その情報を知る前に購入した自分は騙された感が、今だに払拭できないでいるのだ

一度はRadeonを試してみるかな
そんな気持ちになっても不思議ではないだろう

早速、開封してみる


バックプレートはない

ここでサブ機の構成をおさらいしておこう
【CPU】Core i5 6600K 3.5GHz
【 CPU Cooler 】Thermalright Macho120 Rev.A
【MEM】Corsair CMK8GX4M2B3200C16R DDR4 PC4-25600 4GB×2
【M/B】ASRock LGA1151 Z170 Gaming-ITX/ac
【VGA】SAPPHIRE R9 NANO 4G
【Sound】オンボード
【OS】Windows10 64Bit
【HDD/SSD】HyperX Predator PCIe SSD SHPM2280P2/240G
【Case】Corsair Graphite Series 380T
【電源】 Corsair RM650

Mini-itxで小型とは言え、なかなかパワフルなPCとなった

しばらくベンチやら試していると、マザーボードの温度が軽く50度を越えてくるので、ファンを増設させた話は次回としよう


応援よろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自作PCランキングへ





    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する