SAPPHIRE R9 NANO 4Gのコイル鳴き

2015/10/17 08:44:11 | 自作PC | コメント:0件

新しくPCが完成すると、静かに気持ちが高ぶるような
ちょっと何かに急き立てられるような
そんな感情を抑え込みながら、とりあえずはFF14蒼天のイシュガルドベンチを回してみることにした
1920×1080 Directx11

2560×1080 Directx11

少し寂しいスコアであるが、Radeonには不利なベンチマークでもあるらしい
それより気になったのはコイル鳴きだ

ベンチ開始直後からキューっと音が漏れる
検証のためにサイドパネルは外した状態だ
さらに画面が切り替わると、またジージーキュールルと鳴いた

これは我慢ならんと、今度はサイドパネルを閉めて再度ベンチをスタート
かなり軽減されたが、まだ音が漏れる

まいったなっ!これは

正直な感想である

Geforce GTX 970もコイル鳴きがするとのことだったが、現在使用しているものは当たりだったのか、耳をすませば聴こえる程度、ほぼ無音だった
R9 NANOは個体差があるかもしれないが、気になるくらいコイル鳴きがする

しかし、実際にゲームを始めてみると、ほとんど気にならない
厳密に言えば、少しだけ音はするが耐えきれないほど、うるさい訳でもない
PCとの距離やケースなど、いろいろと環境によって変わりそうだから表現が難しいところだ

ベンチマーク中でもコイル鳴きするのは許せない人には正直おすすめは出来ない
しかし、サイズ&ワットパフォーマンスを考えると面白いグラフィックボードじゃないかと思う

ファンの音に関してはエアフローのしっかりしていない環境では2500rpm辺りまで回転数が上がり、うるさくも感じたがエアフローを改善した結果2000rpm前後に落ち着き堪えきれないレベルではなくなった

発色は温かみのある感じがする
いろいろと試し、使い込むにしたがって最初の感想とは変わっていく自分がそこにいる
やはり新たなものとの出会いは楽しいものだ

※Star Wars Battlefrontのβテストにも参加して(5時間程)、一度もフリーズしたり落ちることなく快適にプレイすることが出来た


応援よろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自作PCランキングへ






    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する